Port-city Universities League

国際みなとまち大学リーグ

  • 日本語 Japanese
  • 英語 English
第10回国際セミナーが開催されました。
日程:2016年9月25日-28日
主催:大連理工大学


PUL2016 Photo
PUL2016 記念写真(大連理工大学提供)
 第10回国際みなとまち大学リーグ国際セミナー “Coordinated Development for Port, Transportation and City”が中国・大連理工大学(オーガナイザー:趙勝川国際交流所長)で開催されました。
 国際みなとまち大学リーグは本学の提唱により2006年に発足しました。世界各国の港湾都市にある大学間の交流ネットワークを構築し、 港に関わる文化(歴史、交易、産業、海洋研究、人々のくらしなど)を共に幅広く考えるとともに、 大学だけでなく、市民も含めて交流していくことを目指しています。現在、12カ国15大学が加盟しています。
 1日目は、国際みなとまち大学リーグ(PUL)加盟大学の参加者による研究発表が行われました。開会に先立ち、大連理工大学畢明樹(Mingshu Bi)学長補佐から歓迎の挨拶がありました。  つづいて、横浜国立大学中村文彦副学長・理事(国際・地域・広報担当)から開会の挨拶と畢学長補佐へ記念品が贈呈されました。
 セミナーの1日目には8大学から13名の参加者がプレゼンテーションを行いました。 会場からは多くの質問があり、活発な議論が行われました。
 2日目は、午前中に大連理工大学の海岸・近海工学国家重点実験室と海洋工学研究所を訪れ、実験水槽などの施設を見学しました。 午後には海にまたがる全長6.8kmの架け橋・大連星海湾大橋、大連屈指の景勝地である老虎灘、星海広場などを視察しました。 今回は、大連理工大学と横浜国立大学の学生がプログラムに参加し、これまで研究者交流が中心であったPULのネットワークを学生交流へと発展する良い機会となりました。  第11回の国際みなとまち大学リーグ国際セミナーは韓国・仁川大学校で開催予定です。



会場の様子 近海工学国家集中実験室 実験水槽
会場の様子 近海工学国家集中実験室 実験水槽
老虎灘にて記念撮影
老虎灘にて記念撮影


  第10回議事録        第10回PUL議事録


 
詳細はこちら


横浜国立大学国際戦略室内
国際みなとまち大学リーグ事務局
〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-1
電話:045-339-3036 Fax:045-339-3039 Email:pul@ynu.ac.jp URL:http://www.pul.ynu.ac.jp/

All rights reserved to Port-city Universities League