Port-city Universities League

国際みなとまち大学リーグ

第9回国際セミナーが開催されました。
日程:2015年10月5日-7日
主催:ブラジル・サンパウロ大学

第9回国際みなとまち大学リーグ国際セミナー“Sustainability of Port Cities: Environment, Quality of Life and Smart Logistics”がブラジル・サンパウロ大学で10月5日(月)から7日(水)の日程で開催されました。平成18年に本学の提唱により始められたこの大学リーグは、これまでに横浜(第1回、第4回)、チェンナイ(インド、第2回)、リスボン(ポルトガル、第3回)、上海(中国、第5回)、サザンプトン(英国、第6回)、釜山(韓国、第7回)、イスタンブール(トルコ、第8回)で開催されています。 今回のセミナーでは5大学からの出席があり、本学からは中村文彦国際担当理事、吉田圭一郎教育人間科学部教授、平川嘉昭工学研究院准教授、櫻井瑠衣学務・国際部国際課国際企画係員が参加しました。

PUL2015 Photo
PUL2015 記念写真
   日程表はこちらをご覧ください

1日目は国際みなとまち大学リーグ加盟大学からの参加者を中心にプレゼンテーションが行われ、本学からは、平川嘉昭准教授が“Development of mini-buoy for ocean wave measurement”、中村文彦国際担当理事が”Urban Mobility Designing focusing on potential of buses”をタイトルに発表しました。
平川嘉昭准教授による発表 中村文彦国際担当理事による発表
平川嘉昭准教授による発表 中村文彦国際担当理事による発表

2日目は、ブラジル最大の港湾都市であるサントス市の関係者を中心に発表が行われました。セミナー終了後には、ニシモト・カズオ サンパウロ大学教授の案内で海洋工学研究科内にある実験水槽などの施設を見学しました。
海洋工学研究科の建物 実験水槽
海洋工学研究科の建物 実験水槽

最終日にはサントス市内の視察を行いました。ブラジルの石油採掘会社ペトロブラスを訪問し、パイプラインやプラットフォームのコントロールシステムを見学したほか、サントス港湾事務局、サントス港、サントス歴史地区を訪れました。 2016年に行われる次回セミナーは大連(中国)において、大連理工大学の主催で開催を予定しています。
  第9回議事録  第9回PUL議事録


 
詳細はこちら


横浜国立大学国際戦略室内
国際みなとまち大学リーグ事務局
〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-1
電話:045-339-3036 Fax:045-339-3039 Email:pul@ynu.ac.jp URL:http://www.pul.ynu.ac.jp/

All rights reserved to Port-city Universities League